おまえは伊丹で土曜日を取り返す

よく来たな、ホルンパートの中野だ。おれは以前、mixiやブログで文章を書いていたりしていたが、いつの間にかTwitttterの手軽さとスマホの予測変換により腑抜けになり、「おにくおいしい」「おしごとつらい」「ねむい」などと、あほで腰抜けな文章しか書けなくなっていた…
しかしこのバンドに参加し、「なんかブログ記事を書きなさい」と言われたので、久しぶりにキーボードを使ってなんか書くことにする。
(なお、この記事は逆噴射聡一郎をリスペクトしています。)

なぜこのバンドに入ったのか?

かつておれは学生であり、勉学はまじめにやっていなかった。しかし吹奏楽部の活動はそこそこまじめにやっていた。何年かにいちど、このバンドの演奏会にも出たりもした。

しかし時代は流れ、おれは働きはじめ、会社の小さな吹奏楽バンドに入り、ショッピングモールで季節のコスプレをして買い物連れのお子様や休憩しているご老人を相手に演奏などをしており… タフさが急速に失われつつあった。

そんなころ、「ホルン0人なんですけど!」というこのブログの記事がたまたま目に入り、刺激と義侠心からおれは参加することにした。おまえも刺激を求めてふらついている時に困っている人が目の前にいたら助けるだろう?そういうことだ。

しかし演目を聞いておれは驚いた。どれもタフな選曲だったからだ。あまりにも刺激が強すぎる。さすがにそこまでとはおもっていなかった。とても一人では勝ち目がないので、学生時代のバディも遠くから呼んだ。更にもう一人助けに来てくれて、最終的にホルンは三人になり、なんとかパンチに耐えうる状況ができた。

このバンドはあきらかなスタイルがあり、まずコンサートというよりもライブ感を大切にしている。そしてスタイルを一貫するため選曲にも妥協が無いように見える。このあたりのことについては指揮者の記事に詳しく書いてある。いい記事なので読んでみてほしい。

そしてこの週末(10月6日~8日のことだ)には合宿があり、おれは最終的にこの参加が完全に正解であったことを知った。演奏していて楽しい。油断しているとまともに譜面を追うことすらできないタフな曲を相手に、練習をしてレベルを上げてメンバーと共にやることがこれほど楽しいことをすっかり忘れていた。呼んだ男も「目が覚めた」的なことを、ズボンのチャックを全開にしながら言っていた。

合宿については誰かが詳しく書いてくれるであろうから、そちらに任せる。

ところでおまえは土曜に何をしているのか?

ところでおまえは金曜日の夜、上司に付き合って場末のフィリピンパブで限りなく薄い水割りを飲んだり、そそり立つ仕事の山をやっつけたり、あるいは幸せであれば家族団らんをしていることだろう。そして寝る。翌日、5日間のウィークデイを乗り切って疲れ果てたおまえは昼前まで寝てしまうことだろう。起き抜けに触ったスマホでYoutubeをザッピングしたりTwitterのログを見、気付けば腹が減り、暗くなった外を見て「せっかくの土曜日に一体何をしていたんだ…」「責任者はどこだ…」とぼやくこともあるだろう。そのようにしていつしか歳をとり… 酒とベイブに溺れ… あのときああしていればと後悔しながら孫などに囲まれながらあっけなく死ぬ…

だからおまえはまず土曜日を取り返すことをしなければいけない。せっかくの土曜日はYoutubeのザッピングとか流れるタイムラインを眺めるのをやめて、まずは外へ出るべきだ。寺山修司も似たようなことをたぶん言っている。

外へ出るのも悪くはないけど、面白いものが無いんだ、それよりも寝ていたいんだ、とおまえは言うかもしれない。気持ちはわかる。だから我々がいる。

結論:演奏会に来い

最近はAmazonプライムとかiTunesとかSpotifyなどがあり、満員電車の中でもスマホでお手軽に音楽が聴けるようになった。一方で、駅前でギター一本で歌っている若者がいても、疲れ果てたおまえは愛する家族のいる家路を急ぐことだろう。

そんなおまえが最後にコンサートとかライブとかギグとかに行ったのはいつだ?オーケストラのフォルテシモを肌で感じたのは?ロックスターの歌声に感情を揺さぶられたのは?スピーカーの前で踊り狂ったのは?

たしかに、カラヤンの第九とかホワイト・アルバムとかはたしかに良い。だが録音ではなかなか得難いものもある。景色、香り、雰囲気、臨場感、一体感、熱気、チル、REAL… そういうものが生演奏にはある。

おまえがやることはひとつだけでいい。今週末、それらを求めて土曜日にある我々の演奏会に来ればいい。Youtubeのザッピングよりは断然楽しめるはずだ。

我々はタフな曲を用意しておまえが来るのを待っている。
10月13日(土)伊丹アイフォニックホールにて14時開演だ。

 

 

■ 第9回定期演奏会 -繙-

  • 日 時: 10月13日(土)Open 13:30 Start 14:00
  • 場 所: 伊丹アイフォニックホール(LINK
  • 住 所:〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前1-3-30
  • 入場無料

 

□ 第10回定期演奏会 -????- に向けて

人気曲調査を行っています。
第10回定演の曲目を決めるのは皆さんです!!

《投票はコチラから》

「何回でも投票可」です。

大事なことなのでもう一度。

「何回」でも「投票する」ことが「可能」です。

音楽に対する熱い想いをドシドシお寄せください😃

シェア:

合宿してきました

フルートのなかおかです😎

毎年恒例の本番直前合宿が終了、疲労困憊で平日が辛すぎます😨

今回の合宿も大変有意義で楽しかったです!
パート練習の時間をけっこう取っていただいたんですが、録音しながら進めたおかげでかなり良くなりました!
全体合奏でも同じ手法とっていてそれを真似た格好ですが、自分たちの演奏を客観的に冷静に聴くことって大事ですね〜

フルートメンバーは去年と全く同じなのでさらにまとまりが出たんじゃないかと思います!

個人的にも、合宿前にちょこちょこ楽器吹いてたおかげかよく息が入って絶好調でした✌(‘ω’)
録音聴いたら音デカくてやりすぎ感あるとこもありましたがね…😇

まぁそんなこんなで今年のうちのパートは合宿を経て最強になりました!間違いなくいい演奏をお届けできるはず!
今週の土曜です、是非お越しください🙇🏻🙇🏻🙇🏻

 

■ 第9回定期演奏会 -繙-

  • 日 時: 10月13日(土)Open 13:30 Start 14:00
  • 場 所: 伊丹アイフォニックホール(LINK
  • 住 所:〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前1-3-30
  • 入場無料

 

□ 第10回定期演奏会 -????- に向けて

人気曲調査を行っています。
第10回定演の曲目を決めるのは皆さんです!!

《投票はコチラから》

「何回でも投票可」です。

大事なことなのでもう一度。

「何回」でも「投票する」ことが「可能」です。

音楽に対する熱い想いをドシドシお寄せください😃

シェア:

本番は今週末です!

こんばんは、指揮の迎です。

 

合宿も終わり、本番を残すのみとなりました。

今年1月から本格的に始まった練習も、ついに日の目を見る時がいよいよ迫ってきています。

各パート、本番に向けて色んな感想や写真を綴ってくれています。

 

…と言いながらも今このブログを書いているのはみんなの記事を読む前なので分からないんですけど笑

 

僕からは、合宿を終えて感じたこと。

本番に向けての意気込みを書こうかと思います。

 

今回の合宿は、ようやくインプリのスタイルが確立したようなそんな3日間だった気がするんです。

僕が本格的に指揮者として参加した第7回から3年目。

かかりますね、やっぱり。

僕の勝手を受け入れてくれる団長をはじめ幹部メンバー。

そして、その勝手な想いを受け取って、自分なりのポジションを見つけ、真剣に音楽を楽しんでくれているメンバー。

インプリは個性の塊です。

決して集団にはなれません。

周りからしてみれば「団」と名がついてるんだし、これだけ人数いるんだから集団だろうというのが当たり前なんですが、そうじゃないんです。

「個」が音楽という同じ媒体を介して集まっただけの、ただそれだけの何かなんです。

 

なので、今回のテーマに込めた想いにもあるように、

一人ひとりが考えること、見えている色や景色は全く違っていて、その一つ一つにスポットを当てて眺めてみると全部とても面白い。

音楽という共通の媒体ではなく、それを奏でる奏者一人ひとりにスポットを当てること。

これが「紐解く」ではなくあえて「繙」と表現していることと同じだろうと思うんです。

 

僕は、ずっとそれを伝えたかった。

そしてメンバーにもそこに気付いてもらいたかった。

ようやく念願叶いました。

 

合宿中に感じた僕にとって初めての気持ち。

 

 

「なんか、いろんな人にみんなの演奏聴いてもらいたいな…」

家族だったり友人だったりそんな自分の見知った人ではなくて、全く僕らのことを顔も名前も知らないような人たち。

そんな人たちにも来てもらって、聴いてもらいたいと思いました。

 

うちのバンド、素晴らしい奏者ばかりです。

悔しいので、今回僕がトランペット吹くタイミング、ちょっと多めにしました。

僕だってラッパいいね!って言われたいんですよ笑

またみんなにわがままを受け入れてもらいました。

 

 

アンケートに「指揮者が出すぎ」みたいな意見がちらほら見受けられることは十分に予想していますが…是非なまあたたかい目で見ていただけるとありがたいです。

その代わり、是非「〇〇さんの音がすごく気持ちよかった!」とか「個」に注目した賛辞のコメントを頂けると大変喜びます。

ほめられた本人以上に僕も喜ぶと思いますが笑

 

 

さぁさぁ、是非皆様お誘いあわせの上お越しください。

素敵な演奏を準備してお待ちしております!

 

 

■ 第9回定期演奏会 -繙-

  • 日 時: 10月13日(土)Open 13:30 Start 14:00
  • 場 所: 伊丹アイフォニックホール(LINK
  • 住 所:〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前1-3-30
  • 入場無料

 

□ 第10回定期演奏会 -????- に向けて

人気曲調査を行っています。
第10回定演の曲目を決めるのは皆さんです!!

《投票はコチラから》

「何回でも投票可」です。

大事なことなのでもう一度。

「何回」でも「投票する」ことが「可能」です。

音楽に対する熱い想いをドシドシお寄せください😃

シェア:

演奏会?どちらかと言えば…ライブです。

こんばんは、指揮の迎です。

本番に向け、パンフレットも無事入稿。

あとは実物を見るのを待つのみです。

今年もCDジャケットサイズ。

パンフレットって、あると嬉しいんですけど持って帰るの面倒なんですよね…

なので、コンパクトなサイズで持ち運びに便利なものをとの想いでこのサイズにしています。

チラシからも分かる通り、ほとんど文字はありません。

必要最低限の情報だけを皆さんに見ていただくことで、当日の楽しみを増やしたいという想いです。

 

一般的には、日本の吹奏楽はどことなく「格式高い」音楽で、

演奏会では、「厳かな」雰囲気の中時間が進んでいくことが多いのだと思います。

どことなく、「クラシック」こそ正義で「ポップス」は箸休め、「ジャズ」は汚い音楽で触れたくもない。

そんな空気をいつも感じていますし、憤りしか感じません。

ブログでだったか、演奏会のMCだったかでお話をしましたが、

僕自身トランペット奏者として、いろんなジャンルの音楽に取り組んでいます。

大学からはもっぱら「ジャズ」、中でもビッグバンドが主体になっていますが、これを経験したのは本当に大きな意味がありました。

クラシックだろうがポップスだろうがジャズだろうが、土台は全く同じ。

イントネーションだったり発音だったり、細かい表現が違うだけでそこに優劣なんて存在しない。

吹奏楽だったらそのすべてのジャンルをそれっぽく演奏できる。

何故その素晴らしさに気付いてないんだ!?…疑問でしかありません。

この「それっぽく」ってすごいことだと思うんです。

いわゆるモノマネですよね。

吹奏楽でクラシックをやってもオーケストラには敵わない。

だけど、クラシックの良いところを少しずつ取り入れて、ニュアンスを楽しむ演奏は出来る。

ポップスにしてもジャズにしてもそう。

本物には敵わないけど、エンターテイメントとしては抜群の題材なんです。

素晴らしいモノマネはそのご本人への多大なるリスペクトを感じます。

僕が、「このバンドいいなあ」と思うのは、技術でも音圧でもなく「リスペクト感」の強いバンドです。

指揮者として、インプリを見守る中、一番意識している点です。

 

そんな「それっぽい」音楽ができる吹奏楽。

「それっぽい」んだから、そんなに堅苦しい演奏会をしたって楽しくないんですよ。

そもそもお堅い人たちで吹奏楽なんてできませんから。

なので、僕らは「演奏会」と銘打って毎年皆さんに僕たちの姿をお披露目していますが、

感覚的には「ライブ」なんです。

僕らがリラックスして心から楽しんでいる姿、それを見て頂いて一緒になんとなく笑顔になってもらう。

この雰囲気を大切にするため、あえて司会者は立てていません。

僕のMCで終始演奏会は進んでいきます。

やっぱり、慣れない光景かとは思うんです、そんな楽団なかなか無いので笑

これを「違和感」と感じられる方がいるのも重々承知ですが、分かる人が分かればいい。

…というよりも、分かってほしいという表現の方が正しいですね。

 

ほら、吹奏楽ってすごくラフな音楽で、万能で、いいでしょ?

ロックバンドの派手さやオーケストラの優雅さは無いかもしれないけど、

楽しくないですか?とても。

 

そんな想いで僕らはいつも活動をしています。

なので、僕らの演奏会は、「ライブ」だと思って来て下さい。

そして是非、観るだけではなく、「参加」をして下さい。

「観客参加型吹奏楽団 インプリメーレ」です。

 

それでは、間もなく我々は直前合宿に行ってまいります。

台風25号の進路が心配ですが、なんとか反れてくれ!

もしくは合宿の行き帰りに重ならないでくれ!!

 

■ 第9回定期演奏会 -繙-

  • 日 時: 10月13日(土)Open 13:30 Start 14:00
  • 場 所: 伊丹アイフォニックホール(LINK
  • 住 所:〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前1-3-30
  • 入場無料

■ お問い合わせはこちらから!

当団に関する質問やご意見などは、
下記のボタン(Google Form)からお願いします。

お問い合わせフォーム

■ 団員募集中

吹奏楽団インプリメーレでは、ともに音楽を創っていくメンバーを募集中です。

「目標に向かって成長したり、最高の音楽を表現したい!」

あなたの「目標」「最高の音楽」が何かは問いません。
みんなの心に残る演奏がしたい、技術的に上手くなりたい ─── 。なんでも良いんです。

音楽に対する熱意を持つ方ならウェルカムです。

詳細な団員募集については以下をご覧ください。

団員募集の詳細はこちら

シェア:

第16回練習報告!

こんにちは、クラリネットパートの今尾です。まさかこんなタイミングで、ブログ更新権を勝ち取ってしまうとは恐縮です。緊張します。

先日、演奏会前の最後の練習がありました。残すは合宿のみとなります!うーん、頑張らねば…!

練習の内容としては昼過ぎまで合奏をし、その後は指揮者不在のため、パート練習などを行いました。なんでも、団長も一緒にホールでの打ち合わせだとか… 本番が近づいている感が、ビンビンですね!

▲練習参加人数も多めでした。

 

して、件の本番は10月13日(土曜日)に伊丹アイフォニックホールで行われます。

ホールへのアクセスなのですが、なんと阪急・JRの各伊丹駅から徒歩4〜7分程度!駅近です。地下に駐車場もありますので、お車でのご来場もどんとこいな良さげな立地ですので、是非お越しください。

詳細な案内は以下の通り!よろしくお願いします。

■ 第9回定期演奏会 -繙-

  • 日 時: 10月13日(土)Open 13:30 Start 14:00
  • 場 所: 伊丹アイフォニックホール(LINK
  • 住 所:〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前1-3-30
  • 入場無料
シェア:

第15回練習報告

こんばんは、saxパートの日高です。

先週9/8(土)は寝屋川市民会館での練習でした。

ついに本番1か月前‼

ということで、全曲を順番に流していきました。

参加人数が少なめだったので、円形に並んでの練習です。

ここ最近で、入団されたり賛助でご出演頂けたりとHornが増えました!

中音域の楽器が増えて、吹いていてとても心強いです。

 

中音域に限らず、引き続きどのパートでもまだまだ団員集中です。

団員募集の詳細はこちら 見学だけでもOK!

定期演奏会の後も引き続きこのブログとHPを更新していきますので、

いつでもご連絡をお待ちしています。

 

そんなわけで、次回が合宿前最後の練習です。

早いものですねー

まだうまく吹けないところも多いので、時間を見つけて音源を聞こうと思います。

 

来月10月13日(土)は、会場でお待ちしています!

■ 第9回定期演奏会 -繙-

  • 日 時: 10月13日(土)Open 13:30 Start 14:00
  • 場 所: 伊丹アイフォニックホール(LINK
  • 住 所:〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前1-3-30
  • 入場無料

■ お問い合わせはこちらから!

当団に関する質問やご意見などは、
下記のボタン(Google Form)からお願いします。

お問い合わせフォーム

シェア:

第14回練習報告

こんにちは。フルートパート佐藤です。

 

前回の練習の翌朝、鏡を見ると左目の白眼がべったりと赤く染まっていて朝から何事!?とパニックになっておりました。

どうやら結膜化出血というものらしく、白眼下の毛細血管から出血して白眼が赤く染まっちゃうらしいです。

病院に行ったら「放っておいて大丈夫ですよ。安心してください」と言われたものの、見慣れない目の状態にその日はドキドキと不安になっておりました。

鏡をを見る度に、ドラキュラみたいな目が映ってホラーでしたが、一週間経って元の白眼の状態に戻ってきたので一安心です。

 

そんなわけで、練習から日が空いてしまいましたが8月26日は神戸高専をお借りして練習しました。

この日はパーカッションとサックスに見学者をお迎えしての練習でした!

楽団の雰囲気は楽しんでもらえたようです。メンバーになってもらえるといいなあ。

 

本番まであと1ヶ月ちょっと、自然と熱も入ります。

ご自慢の楽器も並びます。

いっぱいはしゃいだあと、疲れてぐっすりと眠るお子さま。

 

10月の本番に向けて、各自気合い入っています。

ぜひぜひ、10月13日(土)は会場までお越しくださいませ!

■ 第9回定期演奏会 -繙-

  • 日 時: 10月13日(土)Open 13:30 Start 14:00
  • 場 所: 伊丹アイフォニックホール(LINK
  • 住 所:〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前1-3-30
  • 入場無料

■ 団員募集中

吹奏楽団インプリメーレでは、ともに音楽を創っていくメンバーを募集中です。

「目標に向かって成長したり、最高の音楽を表現したい!」

あなたの「目標」「最高の音楽」が何かは問いません。
みんなの心に残る演奏がしたい、技術的に上手くなりたい ─── 。なんでも良いんです。

音楽に対する熱意を持つ方ならウェルカムです。

詳細な団員募集については以下をご覧ください。

団員募集の詳細はこちら

 

■ お問い合わせはこちらから!

当団に関する質問やご意見などは、
下記のボタン(Google Form)からお願いします。

お問い合わせフォーム

シェア:

定期演奏会見どころのご紹介!

こんにちは、指揮の迎です。

ついに1か月前になりました。

合奏回数も残り2回、そして直前合宿を残すのみ!です。

そんな本番に向けて気合の入りつつある練習の模様はまたメンバーのブログをご覧ください。

さてさて、今日は我々の定期演奏会の見どころをご紹介です。

 

最大の見どころは…曲でも演出でもなく、メンバーのリラックスした姿だと思うんです笑

普段の練習の姿と全く変わらないリラックスした状態での演奏。

その秘密はきっと本番前のとあるおまじない。

 

その名も、「気合抜き」

 

本番なんてものは緊張して当然。

そこによし!と気合を入れても体が余計にこわばっていいことなんてありません。

ならば、いっそのこと気合を抜いて、リラックスして、純粋に本番を楽しもうというのがその趣旨です。

もしよければ、お客様も一緒に「気合抜き」されてリラックスしてお聴きいただければと思います。

 

そして、今年もソロをいたるところに散りばめております。

例年通り、僕も1曲演奏させていただきますので諸々含め、是非お楽しみに!

 

さらに、メンバー紹介も見どころの一つかもしれません。

各パートそれぞれの個性あふれるメンバー紹介も我々がどんなバンドなのかを知れる大きなポイントです。

あまりおしゃべりが得意じゃない中一生懸命話すメンバーもいるかと思えば、

僕以上におしゃべりなメンバーもいます。

どうなるのか、僕にも全く分かりませんし僕も当日が楽しみです。

 

というわけで、僕の思う定期演奏会の見どころ紹介でした!

 

■ 第9回定期演奏会 -繙-

  • 日 時: 10月13日(土)Open 13:30 Start 14:00
  • 場 所: 伊丹アイフォニックホール(LINK
  • 住 所:〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前1-3-30
  • 入場無料

■ 団員募集中

吹奏楽団インプリメーレでは、ともに音楽を創っていくメンバーを募集中です。

「目標に向かって成長したり、最高の音楽を表現したい!」

あなたの「目標」「最高の音楽」が何かは問いません。
みんなの心に残る演奏がしたい、技術的に上手くなりたい ─── 。なんでも良いんです。

音楽に対する熱意を持つ方ならウェルカムです。

詳細な団員募集については以下をご覧ください。

団員募集の詳細はこちら

■ お問い合わせはこちらから!

当団に関する質問やご意見などは、
下記のボタン(Google Form)からお願いします。

お問い合わせフォーム

シェア:

第13回練習報告

こんにちは。パーカスの加藤です。

今回の練習もいつものように寝屋川市立市民会館で行いました。

 

ただ、今回の練習、なんとアンコールメインでした。

そう、当楽団は万が一アンコールが来ても大丈夫なように、しっかり備えているのです。

なんて計画的なんでしょう。

ほらこうやって写真を見返してみると、なんかこう、アンコールっぽさとかそういうものを感じるかなーと思ったけど、まあ写真じゃ分かりませんね。

あと、アンコールばっかりじゃなくて普通にメイン曲とかも練習してましたよ。念のため。

 

で、まあ私事ですが、先日とうとうギロを購入しました。

実は、さっきの写真にもしっかりと写り込んでいます。

一枚目の写真、右から二番目の男性の手元に注目してください。

 

ここでさらに、ちょっと拡大してみましょう。

 

 

 

お分かりいただけたでしょうか?

このギロは、ドラム村という楽器屋さんで購入されたもので、この楽団の陽気なラテン音楽につられて出てきてしまったのでしょう。特に害はありません。

 

失礼しました。夏なのでつい。

 

ギロといえば棒状のもので擦って鳴らす楽器なんですけども、これって結構珍しくて、ギロを除けばあとバイオリンぐらいなもんです。たぶん。

まあそんな擦る系の楽器で、クイーカってやつを以前別の楽団でやらせてもらったんですけど、普段やらない動きなもんだから、これがかなり難しかったんですよ。特に、行きの動きと戻りの動きが、交互に入れ替わったりするとことか。

その時はなんとか食らいつくのが精一杯って感じだったんですけど、もっとネイティブな擦リストの方々のような表情豊かな演奏が出来ればなーってことで、ちょっと今回はこのギロで地道に練習してみたいと思います。

 

ですので、良かったら定演の方も見に来てやってください。

あと普段の練習とかも見学歓迎なので、遠慮なく遊びに来てください。

 

それではまた。

 

■ 第9回定期演奏会 -繙-

  • 日 時: 10月13日(土)Open 13:30 Start 14:00
  • 場 所: 伊丹アイフォニックホール(LINK
  • 住 所:〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前1-3-30
  • 入場無料

 

■ 団員募集中

吹奏楽団インプリメーレでは、ともに音楽を創っていくメンバーを募集中です。

「目標に向かって成長したり、最高の音楽を表現したい!」

あなたの「目標」「最高の音楽」が何かは問いません。
みんなの心に残る演奏がしたい、技術的に上手くなりたい ─── 。なんでも良いんです。

音楽に対する熱意を持つ方ならウェルカムです。

詳細な団員募集については以下をご覧ください。

団員募集の詳細はこちら

シェア:

第12回練習報告

こんにちは!初めまして、フルートパートの永井と申します。

初めての投稿となりますが、まだまだ子供なので暖かく見守っていただければと思います。

 

7月14日(土) 寝屋川市立市民会館

 

10時からお昼まで合奏を行いました。

恥ずかしながら私、今回の練習が今期で初めての参加でしたので、何とか必死について行くつもりで奮闘しておりました。(すみません)

そしてお昼休憩も終わり、おなかがいっぱいになってさぁ合奏かと思いきや!

 

なんとここでYouTubeにアップする動画を撮影することに!

ついにインプリメーレがYouTubeデビュー!ということで、一発目のテーマは「自分の楽器について」

楽器を買った経緯やこだわりのポイントなど語っていらっしゃいました。

近日アップロードされると思いますので、よければ是非ご覧ください!

 

そして16時半くらいまで再び合奏を行いました。

指揮者さんからのアーティキュレーションやアクセントの指示は実際に楽器でやってくださったところもあり、とてもわかりやすかったです。

 

こちらは休憩の様子です。たのしそうですねっ

 

これは毎回ですが、なかなか現役の部活では味わえない雰囲気での合奏ですので、練習に参加できた時は今日来てよかったなと感じます。

練習お疲れ様でした!

 

そしてそして!練習終わりにインプリメーレの親睦会がありました!

みなさん楽しそうに話していらっしゃいました!

私も楽しかったです!カルピスも美味しかったです!

 

そしてこちら!

チーズフォンデュ…美味しそうですね!

最近流行りのインスタ映え、小顔効果を狙っているのでしょうか…?

 

そんな楽しい吹奏楽団インプリメーレの第9回定期演奏会のお知らせはこちら!

■ 第9回定期演奏会 -繙-

  • 日 時: 10月13日(土)Open 13:30 Start 14:00
  • 場 所: 伊丹アイフォニックホール(LINK
  • 住 所:〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前1-3-30
  • 入場無料

皆さん是非聴きにいらしてくださいね。

伊丹アイフォニックホールでお待ちしております!

 

そして団員の募集も行なっています!
現役の方でも大歓迎です!

■ 団員募集中

吹奏楽団インプリメーレでは、ともに音楽を創っていくメンバーを募集中です。

「目標に向かって成長したり、最高の音楽を表現したい!」

あなたの「目標」「最高の音楽」が何かは問いません。
みんなの心に残る演奏がしたい、技術的に上手くなりたい ─── 。なんでも良いんです。

音楽に対する熱意を持つ方ならウェルカムです。

詳細な団員募集については以下をご覧ください。

団員募集の詳細はこちら

 

 

そして!最後に!

私が所属する神戸高専吹奏楽部の定期演奏会の宣伝です!

 

第39回定期演奏会

9月16(日)

明石市民会館 アワーズホール

入場料無料

部員一同心を込めて演奏いたしますので、是非お越しください!

 

そして最後の最後に!

今回のブログはフルートパート永井がお送り致しました!ありがとうございました!

 

次回の投稿をお楽しみに!

シェア: