【指揮者編】私の履歴書

こんにちは。

指揮者の迎です。

いつもインプリメーレの活動を応援して下さりありがとうございます^^

 

普段のブログでは、毎回の練習日記をメンバーが書いてくれてますが

今回は当団指揮者である迎のプロフィールを書いてみようと思ってます。

 

既に参加してくれている団員の面々はもちろん,

ちょっと興味があって練習の見学行きたいんだけどな…みたいな方,

インプリをどこかで知って,演奏会見に行ってあげようかなと思ってくださっているお客様などなど…

少しでも皆さんの興味の足しになればと思います。

 

【プロフィール】

名前:迎 諒(むかい りょう)

生年月日:1991年7月15日

出身校:明石高専電気情報工学科(’12卒)

楽器:トランペット

 

【音楽遍歴】

■5歳:

父親が家にトランペットを持ち帰ってきたことがきっかけでトランペットを始める

 

■小学4年~6年:

マーチングバンド部(トランペット/コルネット)

 

■中学:

吹奏楽部(トランペット)

 

■高専:

吹奏楽部(トランペット,3年より指揮者を兼任)

合同演奏会指揮(サンチェスの子守歌,Song and Dance)

 

■大学:

岡山大学Swingin’ Society Jazz Orchestra(リードトランペット)

Pageone Jazz Orchestra(リードトランペット)

Bird Jazz Orchestra(2ndトランペット)

 

■現在:

吹奏楽団インプリメーレ(指揮者)

Pageone Jazz Orchestra(リードトランペット)

 

ここ数年はジャズを中心に活動しています。

ただ,ジャズをメインでやっているからこそ見えてきた景色があるんです。

それは,「どんなジャンルでも楽しめる」こと。

ジャンルの違いはあれど,「音を出す」ことは全く変わらないんです。

それぞれのジャンルに特有の「お作法」があるだけなんです。

 

【インプリに対する想い】

色んなジャンルの音楽を演奏することができてしまう素晴らしい音楽、「吹奏楽」。

素晴らしい音楽のはずが、その「お作法」を理解しないままに演奏してしまうバンドが多々あります。

そんな演奏を聴くと,「惜しいな…」と思ってしまうんです。

なんというかその音楽に対する「リスペクト感」を感じないんですよね。

本番ではもちろん,練習でもこの「お作法」を最も重要視して1曲1曲に真剣に取り組んでいます。

『普段ジャズをやっている人が指揮者をやっている吹奏楽団』

これは当団のかなり特徴的な強みだと思っています。

他の団体とは少し違った,経験がきっとできると信じています。

是非僕らと一緒に,音を創っていきましょう。

 

…と,最後は宣伝になってしまいましたが…

こんな人が指揮者をやってる楽団です。

皆さんのご参加,団員一同,心よりお待ちしております^^

シェア:

第40回関西高専合同演奏会のお知らせ

関西の7高専の吹奏楽部が合同で開催する「関西高専合同演奏会」が今週末開催されます!
後輩たちの演奏をぜひ聴きに来て下さいね!

第40回関西高専合同演奏会

  • 日時: 2017年 3月 25日(土)
    開場:17:30 / 開演:18:00
  • 会場: 奈良県 橿原文化会館
  • 入場料: 無料
  • 主幹校: 奈良高専

演目

  • ジャパニーズ・グラフィティ XVIII
  • 祝典のための音楽
  • ステージマーチングショー    など

橿原文化会館のWebサイト: http://kashibun.jp/kb-event/kb-event-2030/

シェア:

第7回練習

こんにちは、そしてはじめまして。

クラリネットパートの大西です。

 

なんの因果か三連続でクラリネットパートがブログ担当になってしまいました。毎度ジャンケンで担当を決めるのですが、思わぬところでクラリネットパートの運の強さが露呈してしまっています。ブログ担当は取り合いですからね、ジャンケンという平和的な担当決定方法でなければならないのは至極当然のことですがパートに偏りがあるのはいただけません。次回は金管パート辺りに担当して貰いたいところです。

 

さて、少し春めいた暖かみを感じた連休でしたが、皆様はどうお過ごしになられましたか?インプリメンバーは飛散する花粉にも負けず、3/19に府大高専で練習をしてきました。

 

今回は新たに配布された楽譜もあり、なかなかのボリューム感でしたが、以前より練習してきたセンテュリアやWeekend in NYなどはだいぶ雰囲気が出てきたのではないかと思います。フレーズを長くとることを意識し忘れると途端にぷちぷち切れがちになったり、指回しなどの個人的に練習を詰めなければならない箇所が散見されていますが、そこはまあ宿題ということで。

 

自身のパートの話になりますが、どうにもクラリネットパートはまだまだ音に距離感があると言いますか、よそよそしさのようなものがあり、今後の課題は「アンサンブル力」を付けることにあるのではと感じています。

 

アンサンブルとはフランス語で「一つのまとまり」や「一緒(の、に)」と言う意味があります。アンサンブルするにあたり大切なのは呼吸を合わせる、というのは本当に字の如しで発音前の一瞬、息を吸い込むタイミングがピッタリ合うと音程もそれなりに合うような気がします。なんとなく。多分。そんな感じ。

 

 

そういえば今回の演奏会のテーマは「力」。

 

なるほど、アンサンブル「力」も演奏会で発揮できるよう頑張りたいところですね!

 

今回練習中の風景を撮り忘れてしまったので、お昼休憩中のお写真を……。

バドミントンやフリスビーをして団員のチーム「力」を高めました!

 

 

さて、次回の練習は4/2(日)@神戸高専の予定です。

 

4月からは本格的に始動ということなので、少しばかり気を引き締めて練習に励んでいきたいと思います。

 

 

メンバーは引き続き募集しておりますので、どうぞお気軽に見学にいらしてください!

 

シェア:

第6回練習

こんにちは~

わけのわからんところで運を使いじゃんけんに勝ったクラリネット今堀です。

何気にインプリ現役吹部勢初な気がする・・・!

初っていいですよね、なんかわかんないですけど

 

さて、3/4にフレンテ西宮にて練習がありました。

駅から近いって最高ですよね。

人数も比較的多く、クラリネットの見学の方も来ており、比較的ワイワイした練習日でした。

 

今回の練習は、午前にアンコール、ゲールフォース等々をやり、午後はセンテュリアと長めのWeekend in NYでした。ゲールフォース、落ち着いて吹けば転調するまで大丈夫な気がしてきたので、勝手に成長だなーって思いました。(すぐにテンパる)

長くフレーズを取ること、ものすごい大事だなってなってます。

Weekend in NYは前々回の練習で100小節くらいまでどうのこうのって言ってたので、150小節目近辺までささーっとみてたんですけど、なんか知らん間に全部通してたりしてすごく怖かったです。

 

ボーダー柄以外でトリプルルックってあんまり見たことないですよね。

 

次回練習は3/19(日)@府大高専です。

最寄りは京阪寝屋川市駅で徒歩15分くらいです。

車も入れます。

団員も募集しているので、部活現役の人もぜひぜひ見学に来て参加してください~~!

 

団員登録フォームはここ

シェア: