第7回練習報告

クラリネットパートの大西です。

 

ブログを書くのは2回目なのですが、「そういえば前回は何を書いたのだろう」と遡ってみると、去年の3月に(第8回演奏会に向けた)第7回練習の記事を書いていました。なんたる偶然。もしかしたら来年もまた第7回練習の記事を書いてたりして……。

 

今回は神戸高専での練習でした。

毎度のことながら練習場所をお貸しくださる現役生、また学校側には非常に感謝しております。本当にいつもありがとうございます。

 

今回は

ちょっとしたお勉強会→合奏→体幹トレーニング→合奏

の流れ。

 

 

【 お勉強会】

演奏する曲の中でJAZZYなものがあるのですが、それの拍の取り方。

2拍目4拍目へのアクセント。1拍3拍アクセントのチャンカチャンカ祭りリズムが遺伝子単位で組み込まれている日本人には慣れず、これはひたすらに音源(またはその方向の音楽)を聴いて、耳から慣れ・吸収していくしかないなと感じました。

 

それから、平均律と純正律。

これは説明より動画を見てもらった方が早いかと。

 

勉強会を一言で粗くまとめるなら【 耳を使え】ではないでしょうか。

そのためには日々耳を鍛えなければなりませんね、たくさん聴こう。

 

 

【 体幹トレーニング】

恒例になってきました、体幹トレーニング。

まず、プランク。

うつ伏せになり肘を立て、肘と足のつま先で体重を支えるアレです。これは出来ます。(10s×3set)

 

次にプランク横バージョン(?)

これが思ってる以上に辛い。

 

あと足上げ腹筋的なものもありました。翌日筋肉痛になりました。咳するのもツライ。

 

体幹トレーニングすると「ここの筋肉が使われてるな」っていう意識が出てきたり、楽器吹くときに「使うべき筋肉はここか…?」とうっすらわかってきたりします。

 

大西家ではプランク、毎日やってますけどね!!(アピール)

 

 

【 合奏】

みんな練習しような!!

 

 

 

えっもう5月?本番って確か10月だよね?

みたいな焦りが見え始めました。

 

GWに入ったところですが、休みは(多分)たくさんあるはず。

楽器吹けずとも、移動中や家でのくつろぎタイムにでも音源を聴いておくのも練習になりそうですね。

 

 

 

■ 第8回練習予定

  • 日 時:5月12日(土)10:00~17:00
  • 場 所: 寝屋川市立市民会館 第1音楽室(LINK
    • 電車の方:京阪寝屋川市駅から徒歩約15分
    • 車の方 :施設に駐車場あり
  • 参加費: 無料
  • 持ち物: 楽器・譜面台・楽譜1

*1  入団していないけれど楽譜を事前に見たいよ!という方は、
下記お問い合わせフォームから個別にお問い合わせ下さい♪♪

 

■ お問い合わせはこちらから!

当団に関する質問やご意見などは、
下記のボタン(Google Form)からお願いします。

お問い合わせフォーム

 

■ 団員募集中

吹奏楽団インプリメーレでは、ともに音楽を創っていくメンバーを募集中です。

「目標に向かって成長したり、最高の音楽を表現したい!」

あなたの「目標」「最高の音楽」が何かは問いません。
みんなの心に残る演奏がしたい、技術的に上手くなりたい ─── 。なんでも良いんです。

音楽に対する熱意を持つ方ならウェルカムです。

詳細な団員募集については以下をご覧ください。

団員募集の詳細はこちら

シェア:

第7回練習

こんにちは、そしてはじめまして。

クラリネットパートの大西です。

 

なんの因果か三連続でクラリネットパートがブログ担当になってしまいました。毎度ジャンケンで担当を決めるのですが、思わぬところでクラリネットパートの運の強さが露呈してしまっています。ブログ担当は取り合いですからね、ジャンケンという平和的な担当決定方法でなければならないのは至極当然のことですがパートに偏りがあるのはいただけません。次回は金管パート辺りに担当して貰いたいところです。

 

さて、少し春めいた暖かみを感じた連休でしたが、皆様はどうお過ごしになられましたか?インプリメンバーは飛散する花粉にも負けず、3/19に府大高専で練習をしてきました。

 

今回は新たに配布された楽譜もあり、なかなかのボリューム感でしたが、以前より練習してきたセンテュリアやWeekend in NYなどはだいぶ雰囲気が出てきたのではないかと思います。フレーズを長くとることを意識し忘れると途端にぷちぷち切れがちになったり、指回しなどの個人的に練習を詰めなければならない箇所が散見されていますが、そこはまあ宿題ということで。

 

自身のパートの話になりますが、どうにもクラリネットパートはまだまだ音に距離感があると言いますか、よそよそしさのようなものがあり、今後の課題は「アンサンブル力」を付けることにあるのではと感じています。

 

アンサンブルとはフランス語で「一つのまとまり」や「一緒(の、に)」と言う意味があります。アンサンブルするにあたり大切なのは呼吸を合わせる、というのは本当に字の如しで発音前の一瞬、息を吸い込むタイミングがピッタリ合うと音程もそれなりに合うような気がします。なんとなく。多分。そんな感じ。

 

 

そういえば今回の演奏会のテーマは「力」。

 

なるほど、アンサンブル「力」も演奏会で発揮できるよう頑張りたいところですね!

 

今回練習中の風景を撮り忘れてしまったので、お昼休憩中のお写真を……。

バドミントンやフリスビーをして団員のチーム「力」を高めました!

 

 

さて、次回の練習は4/2(日)@神戸高専の予定です。

 

4月からは本格的に始動ということなので、少しばかり気を引き締めて練習に励んでいきたいと思います。

 

 

メンバーは引き続き募集しておりますので、どうぞお気軽に見学にいらしてください!

 

シェア: